綺麗な二重まぶたをゲットしよう|失敗しないための方法

美しい目元はこれで作る

笑顔の女性

自分に合った施術法を選ぶ

いつの時代もメイクの決め手は目元です。マスカラもアイラインもきれいに映えるのは、やはり美しい二重の目元があるからこそでしょう。二重の施術が整形の中でも根強い人気を誇っているのも、当然のことと言えます。その二重の整形の中でも今人気の高いのが、いわゆるプチ整形と呼ばれる埋没法です。メスを使用しないため腫れが少ない、ダウンタイムが短くて済む、手術費用がリーズナブル、修正することが可能など様々なメリットがあり、年代を問わず希望する人がますます増えている施術です。確かに埋没法は、メスを使用する切開法に比べると身体にかかる負担は少なく、元に戻すこともできるという気軽さがあります。しかし、埋没法ならどの部位でやっても同じ、と思い込むのは、少し早計かも知れません。一口に埋没法と言いますが、埋没方の二重術にもクリニックによって様々な種類があります。最も大きな違いは、瞼の裏側に糸を通すのか、それとも通さないのかという点です。瞼の裏に糸を通す方が施術そのものは簡単ですが、通さない方が見た目に自然な仕上がりになります。また、糸の種類や結び方、糸を止める場所の数などなど、クリニック毎に様々な工夫を凝らしているのです。また、埋没法の方がメスを使わない分手軽ということで、何が何でも埋没法を希望される方がいますが、瞼の状態や希望する二重のラインによっては、切開法の方がきれいで自然なラインが作れる場合もあります。確かに二重の美容整形は、今やとても安全性の高い、誰でも安心して受けられる施術になりました。しかし、最初に二重の整形ありきではなく、あくまでもあなたに合った二重整形とは何か、その点を踏まえることが大切ではないでしょうか。

進化を続ける施術

美容整形の中でも最もポピュラーな二重術、その中でも人気の高い埋没法ですが、今ますますその施術法が進化を続けています。元々埋没法はその手軽さが支持されていました。埋没法なら長期間のダウンタイムを必要としません。週末に手術を受ければ、月曜日には何とか仕事や学校へ行くことができ、手術時間も短いものですと10分足らずです。反面、糸の結び目がとれて元に戻ってしまうことがある、二重になりにくい人がいる、といった面もありました。ところが、最近は手軽な面はそのままより持続性の強い、二重になりにくい人でも二重のラインを作れる方法が登場しています。今後はますますこの方向性が進み、埋没法であっても切開法と同じように持続性に優れた施術法が開発されていくのではないでしょうか。それと同時に、手軽に気軽に受けることができるという埋没法の良さはそのまま生かすよう、痛みや施術に関する恐怖感を払拭するような技術が生まれていくと考えられます。また、部分切開など、切開法や他の施術と組み合わせることも、もっと積極的に行われることでしょう。手軽で安全、しかし仕上がりはあくまで美しくしっかりと、施術法はこれからも進化していくことでしょう。そして、年齢も含めてより幅広い層の方に二重の美容整形が受け入れられて行くのではないでしょうか。もはや美容整形は特別な人がやる、特別なことではなくなりました。つけまつ毛をつけるように、アイラインを引くように、二重になる、そんな時代が来ています。それを支えるのが、美容整形なのです。